スポンサーサイト

2018.12.24 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    「妖精の住む街」の年末の風景

    2018.12.23 Sunday 14:20
    0

      「妖精の住む街」も年末になりました。

       

      少し前の日に、雪がたくさん降りました。妖精の住む街も、一面、白い世界です。

      商店街のお店も、赤、青、金、銀、などのさまざまな色の飾りをつけた、

      クリスマスツリーやリースがすてきです。

      人気のお菓子屋さんのショーケースには、1メートル以上はありそうな、

      おいしそうなデコレーションケーキが飾ってあります。

       

      この時期になると、商店街の「年末大感謝福引セール」が始まります。

      商店街のお店で買い物をすると、福引券がもらえます。

      妖精たちも、集めた福引券をもって、特設テントの福引会場に向かいます。

      テントの前には、ハンドベルをもったお兄さんがいて、手渡された福引券を数えてから、

      抽選箱に案内してくれます。

      妖精は、3回引けるよ、と言われました。

       

      八角形の抽選箱を、緊張しながら回すと、カラカラ・コロンと音がして、小さな白い玉が

      転がってきました。ざんねん、ハズレです。でも、あと2回引けます。

      心の中で祈りながら、2回目を回しました。

      カラカラ・コロン・・・。また白い玉でした。お兄さんも少し顔をそらしました。

      妖精は少し悲しい気持ちになりましたが、最後の1回を目をつぶって回しました。

      カラカラ・コロン・・・。目を開けると、こんどは黄色い玉が転がっていました。

      「大当たり!!、3等賞!!」とお兄さんは大きな声で叫ぶと、

      カラン、カラン、リンリンリンとハンドベルを鳴らしました。

      まわりの人たちを見ると、みんなやさしそうな目で、喜んでくれているようです。

       

      3等の商品は、みかんが1箱でした。

      妖精はうれしそうにみかんの箱をかかえると、たくさんの人が行き交う商店街を、

      ゆっくり家に向かって歩きだしました。

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:- | by:youseinocomments(0) | -

      「妖精の住む街」の腕時計

      2018.10.04 Thursday 12:03
      0

        「妖精の住む街」の妖精から、腕時計をいただきました。

         

        小さくて、丸い時計で、金色に光っています。

        やさしい球面の形をした文字盤のガラスは、少しキズがついていて、

        裏面の金色のケースにも、ちいさなキズがありました。

        むかしむかし、小さな妖精の子供が、いたずらしてできた傷だそうです。

         

        その時計は、毎日リューズをまわして、ぜんまいを巻かなければ止まってしまいます。

        でも、忘れずにぜんまいを巻くのですが、なぜか6時間くらい遅れてしまうのです。

        時計を耳に近づけると、ちゃんと動いています。

        微かですが、やさしく、規則正しい「チックタック音」が聞こえてきます。

        毎日、毎日、時刻を合わせてぜんまいを巻くのですが、やっぱり6時間くらい遅れます。

         

        時計屋さんに修理に出さなければと思い、店に向かったとき、ふっと思いました。

        「この時計は、妖精の住む街の時間を刻んでいるのではないのかと・・・。」

        そして、妖精たちがいつも楽しそうなのは、ゆっくりとし時間の中で

        暮らしているからではないのかと・・・。

         

        そう思ったら、やっぱりこの時計を修理するのはやめようと思いました。

         

        category:- | by:youseinocomments(0) | -

        「妖精の住む街」のおかずやさん

        2018.05.29 Tuesday 17:21
        0

          「妖精の住む街」のおかずやさん

           

          「妖精の住む街」の中心街にはT字形にお店が並んだ、にぎやかな市場があります。

          この市場には、魚屋さん、八百屋さん、お菓子屋さん、駄菓子屋さんなど、たくさんの

          お店が並んで、元気な声でお客様と話しています。

           

          その中のお肉屋さんには、お肉のほかに、おいしそうなお惣菜がいろいろ並んでいます。

          「ハムカツ」、「ハンバーグカツ」、「メンチカツ」、ゆで卵の入った「たまごハンバーグカツ」

          など、あつあつの揚げたてのお惣菜がたくさん並んでいます。

           

          その中で、いちばんの人気は「コロッケ」です。

          揚げたてのコロッケはサクサクしていて、中のおいもも、お肉も、とってもおいしいんです。

           

          お値段も、とても安いので、おこずかいでも買えます。

          妖精たちも、家に帰る前に、こっそりこのコロッケを買って、ふうふう言いながら食べています。

          お母さんの作ってくれるコロッケもすごくおいしいけど、こっそり買い食いするコロッケも

          とてもおいしいんです。

           

          少しおなかがおちついて、夕焼けを見ながら家に帰るとき、この街に住んでいてよかったと思います。

           

           

           

           

           

           

           

          category:- | by:youseinocomments(0) | -

          「妖精の住む街」の楽しいデパート

          2018.05.04 Friday 11:51
          0

            「妖精の住む街」の楽しいデパート

             

            「妖精の住む街」には、5階建てのデパートがあります。

             

            小さなデパートですが、楽しい売り場がいっぱいあります。

            かわいい洋服売り場、レコードや楽器の売り場、おもちゃやプラモデルが

            ならんだ売り場、たくさんの絵本やマンガがある売り場・・・・。

             

            エレベーターに乗って屋上にいくと、小さな自動車や飛行船などの乗り物や、

            オウム、うさぎなどのかわいい動物がいます。

             

            そして、大好きな望遠鏡も・・・。

            この望遠鏡をのぞくと、「妖精の住む街」の街並みや、はるか遠くの街、

            海の向こうには、高くそびえる青い山となだらかな丘が見えます。

            そして、特別に晴れた日には、外国の山と、かすかな街並みも見えます。

             

            このデパートのいちばんの楽しみは、4階にある小さな「大食堂」です。

            ショーケースにはオムライス、カレーライス、かつどん、おしるこ、

            イチゴとバニラのソフトクリームなど、どれもおいしそうで、いつも迷います。

             

            でも、注文するのは、きまって「ラーメン」です。

            この大食堂のラーメンは、しょうゆ味が人気で、たくさんの具材がのっています。

            チャーシュー、ゆで卵、なると、やきのり、麩、刻みネギ、シナチク、きくらげ

            など、とてもきれいにかざられて、おいしいんです。

             

            都会のデパートにくらべると、ほんとうに小さいデパートですが、

            大きな楽しみがいっぱいです。

             

             

             

             

             

             

            category:- | by:youseinocomments(0) | -

            「妖精の住む街」の駄菓子屋さん(バス通りの駄菓子屋さん)

            2018.04.28 Saturday 14:58
            0

              「妖精の住む街」の駄菓子屋さん(バス通りの駄菓子屋さん)

               

               

              「妖精の住む街」には、いくつかの駄菓子屋さんがあります。

              なかでも好きなのは、「バス通りの駄菓子屋さん」と丁字型の形をした

              「市場のいちばん奥にある駄菓子屋さん」です。

               

              「バス通りの駄菓子屋さん」は、ブリキやプラスチック、セルロイド、

              紙、などでできた、たくさんのおもちゃが並んでいます。

              ブリキでできた、戦車、ロボット、ピストルなどのほか、きれいな色の

              「ぬりえ」「折り紙」「着せ替え」など、女の子向けのものもあります。

               

              でも、いつも人気なのは、「くじ」です。

              「くじ」にはいろいろな種類があります。

              「あまなっとう」のくじは、一等などが当たると、たくさんの「あまなっとう」

              が入ったった、大きな袋がもらえます。

              「はずれ」は「あまなっとうの」小さな袋です。

               

              「探偵セット」のくじでは、ピストルや、変装めがね、追跡用の懐中電灯など、

              、名探偵にはぜひとも欲しい道具が当たります。

              でも、いちばん多いのは、「はずれ」の「探偵バッヂ」でした・・・。

               

               

               

              category:- | by:youseinocomments(0) | -

              「妖精の住む街」のふしぎな魚

              2018.04.20 Friday 10:54
              0

                「妖精の住む街」の川や湖には、ふしぎな魚が棲んでいます。

                 

                「妖精の住む街」の釣り道具屋さんに行ったとき、大きな魚の魚拓が飾ってありました。

                良く見ると、魚の名は「イトウ」、釣れた場所は街はずれの小さな川でした。

                サイズは、と見ると、なんと105センチメートル!!

                わぁ、すごい!!と思いました。

                あんな小さな川に、こんな大きな魚が棲んでいるんだ、と驚きました。

                 

                釣り道具屋さんの話では、「まだまだ大きいのがいるよ。」とのこと。

                もっと昔は、150センチメートルを超えるのものも釣れたそうです。

                しかも、あちこちの川で!!

                 

                「妖精の住む街」の大きな湖には、むかしむかし、大きな「ぬし」が棲んでいて、

                ときどき姿を現わしたとの伝説があります。

                 

                この魚は、川と海を行き来して、とても長く生きられるそうです。

                いまはあまり姿を見せてくれませんが、「妖精の住む街」の川や湖には、

                いまでも静かに、ひっそりと暮らしているそうです。

                 

                 

                category:- | by:youseinocomments(0) | -

                「妖精の住む街」のふしぎな温泉

                2018.04.17 Tuesday 13:51
                0

                  「妖精の住む街」にはふしぎな温泉があります

                   

                  「妖精の住む街」の温泉はとてもふしぎな温泉です。

                  とおいとおい大昔、そう、いまから5,000万年前の新生代古第3紀という

                  時代の海水が、地中深く、のんびりのんびり眠っていました。

                   

                  この街の住民が温泉を掘ったら、眠っていた大昔の海水が、さまざまな時代の

                  地層を通り、いろいろな栄養分(成分?)を吸収して、地上に現れてくれました。

                  このような温泉を「古代海水型温泉」というそうです。

                   

                  新生代古第3紀とは、哺乳類の先祖がやっと誕生した時代だそうです。

                  どんな風景だったのでしょうか。

                   

                  「妖精の住む街」の温泉のように、大昔の海水が起源となる温泉は、

                  「化石海水型温泉」とよばれているそうです。

                  特徴は、ハロゲン元素のヨー素やブロム(臭素)が多く含まれることです。

                  ヨー素はうがい薬やきず薬に使われるように、とても殺菌力があります。

                  ブロム(臭素)も同様です。

                   

                  妖精の住む街」の温泉はこのほかに、もう一つすばらしい成分を含みます。

                  目薬やきず薬にも使われる「メタホウ酸」です。

                  この成分は、アトピー性皮膚炎など、皮膚のトラブルにとても有効な成分だそうです。

                   

                  このふしぎな温泉は妖精たちも大好きです。

                  遊び疲れたとき、雨にぬれたとき、寒いときなど、みんなで入ります。

                  もし、この温泉で妖精たちを見かけたら、仲良くしてくださいね。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  category:- | by:youseinocomments(0) | -

                  「妖精の住む街」の妖精たち

                  2018.04.15 Sunday 12:49
                  0

                    「妖精の住む街」にはたくさんの妖精がいます。

                     

                    「妖精の住む街」にはfairy(フェアリー)が住んでいます。fairyは羽がはえている妖精です。

                    ほかにも、elf(エルフ)、sprite(スプライト)、goblin(ゴブリン)、smurf(スマーフ)などの

                    楽しい仲間がいます。

                    北海道のあちこちで見かけるコロポックルも、妖精の仲間です。

                     

                    コロポックルは、「妖精の住む街」の、なだらかな丘が連なる丘陵地帯に住んでいます。

                    fairy(フェアリー)や、elf(エルフ)もこの丘が大好きです。

                    私たちの目に見えない世界で、みんな仲良く暮らしていますよ。

                     

                     

                     

                    category:- | by:youseinocomments(0) | -